自分のことだけ考えるな!他人のためになる人間になろう!

ひきこもりは不完全です。

完全な人間などこの世にはいませんが、それでも人並み以上に不完全です。

そうした自分が不完全であることを認めることには勇気が必要です。

プライドをなぎ棄てて、自分を見つめなければいけません。

しかし、考えてみてください。

人間は不完全だから努力するのです。

不完全だからそれを補充しようと努力をしていくのです。

憂鬱な気持ちでそれができないという人は精神科の処方通りにしたら、きっと回復します。

見返りを求めず他人のために行動しよう

まずは、どうしたら他人を喜ばすことができるかと考えてみてください。

不幸に陥る人は自分のことだけを考えている人です。

他人のために行動でき、そしてそのことに対してレスポンスがもらえると誰にも嬉しいですし、幸福な気持ちになります。

ただ、見返りは求めてはいけません。

見返りを求めると、ごちゃごちゃした気分になります。

ひょんなことでそうしたことを実感することはないでしょうか。

私は自転車で道を走っていた時、狭い道なのに前からもう一台の自転車が走ってきた時がありました。

ご老体でしたので私が脇に避けたのですが、それでもきつかったのか、相手は自転車を降りてしまいました。

そこで私はボロアパートの駐車場のような場所へ更に避けました。

すると、ご老体は満面の笑みで「ありがとう」と言ってくださったのです。

そのひょんなレスポンスが今でも嬉しい記憶として残っています。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月8日 自分のことだけ考えるな!他人のためになる人間になろう! はコメントを受け付けていません。 回復する方法