失業が原因でひきこもりになった中年に必要なことは?

中年期のひきこもりは主に失業からの挫折でひきこもりとなってしまうことが多いようです。

中年期の働き盛りの時に失業をしてしまうと、「今まで頑張ってきたのはなんだったのだろう」とひきこもりになってしまうようです。

中年期のひきこもりを回復する一番の手立ては就職です。

今まで働いていた人ならばその経験を生かして新たな職につけるでしょう。

しかし、若者の時からひきこもりをしていて中年期までひきこもりをしている、というったような特殊なケースですと回復も大変かもしれません。

中年期のひきこもりに必要なのは、「自分に自信を持つこと」です。

中年期のひきこもりに必要なことは再成功体験

中年期のひきこもりは他の年代に比べて『挫折感』を大きく味わっています。

青年期のように、『何かができない』というものではなく、中年期のひきこもりは、『何かをしたけど駄目だった』という思いが強くなっています。

中年期のひきこもりを回復するには、就職や精神科のカウンセリングなどで自分に自信をつけることが大切です。

中年期のひきこもりは、『再成功体験』をさせることが必要です。

小さな成功にも自分への自信へつなげるようにしましょう。

中年期のひきこもりは再就職など環境的な要因も大きくかかわってきます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月7日 失業が原因でひきこもりになった中年に必要なことは? はコメントを受け付けていません。 回復する方法