インターネットコミュニケーションを遮断しよう

インターネットコミュニケーションは遮断しておいた方がいいと、個人的には思います。

SNSや2ch、ニコ生、オンラインゲームなどのコンテンツがインターネットコミュニケーションに当たります。

これは匿名性がある分、便利なのですが、その分有害な情報も入ってきます。

また、コミュニケーションの責任も全て自分で追わなくてはいけません。

著名の情報は悪影響しかない

マスメディアは自称コメンテーターが原稿を読み上げて責任をいざとなったら責任を被るというシステムになっており、原稿を書いている人間は極めて匿名性があるのにも関わらず、悪い部分は全部自称コメンテーターが背負ってくれるシステムになっています。

そうしたシステムなくインターネットコミュニケーションを使うのは、精神的に有害です。

トラブルが起こったり、荒らしに巻き込まれたりすると、精神的に悪影響しかありません。

また、オンラインゲームなどでは、コミュニケーション力があるのにも関わらず現実ではそのコミュニケーション力を発揮できないようなタイプの人がはまってしまいやすくなります。

そうした人が中毒になってしまって、インターネットコミュニケーションから抜け出せなくなってしまう人もいるのです。

良い意味でも悪い意味でも、遮断しておいた方がいいでしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月28日 インターネットコミュニケーションを遮断しよう はコメントを受け付けていません。 回復する方法