資格取得の学習に取り組んでひきこもりを回復させる

ひきこもりの回復手段として、資格学習に取り組むというのもあります。

資格と言っても山ほどありますので、どれが一番役に立つのか考えることも必要です。

おすすめなのは、行政書士でしょうか。

問題もそこそこ難しくて何度か試験を受けない限り落ちるという雰囲気もあります。

取れば行政書士として高収入を得ることができます。

業務内容も書類作成などの事務作業が多く、ひきこもり向けです。

介護の資格を取れば簡単に仕事が見つかる

次におすすめできるのは、介護者初任者研修というものです。

これはホームヘルパー2級の後釜として作られたのですが、週1のペースならば3か月はかかるという代物です。

主に講義を受けたり、実習をたり、試験を受けたりします。

これは介護にまつわる現場に就くことができ、くいっぱぐれがない職業に就けます。

介護福祉士などに就けばステップアップも可能です。

これは試験はあるものの、あまり勉強をする必要がありません。

宅建は難しい資格ではあるものの、営業職がとるものですので、あまりおすすめできません。ひきこもりには使い道がないかもしれません。

そうした資格の使い道まで考えることが大事なのですね。

資格を取ればその分だけ、未来への可能性へとつながっていきます。それが自信へとつながるのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月7日 資格取得の学習に取り組んでひきこもりを回復させる はコメントを受け付けていません。 回復する方法