漫画厳禁!ひきこもっている時間は本を読もう!

ひきこもりを回復するための手段として本は大切です。

本を読まない人は、人として浅いと言いますがその通りです。

本を読むことで人は人らしい知識を集め、会話を行い、気力を補充していくことができます。

もちろん、本を読めばそれだけ知識の幅が広がって、会話もスムーズに行えるようになりますし、本を趣味にすることが出きれば気分転換になってそれがストレス社会を生き抜くための一つの武器になります。

本を読むということは、ただ単に知識を集めたり、リフレッシュの材料になるだけでないのです。

自然と人間としての深みが出てきます。

外に出るのが怖いなら本を読み始めよう

本は色々な嫌なことと本を結びつけることで、社会を生き抜いたり、その知識で嫌な状況を切り抜けられたりします。

また、読んでいるうちに次第にひきこもりから回復する気力がわいてきます。

間接的に『良い情報』として社会と関わることができるのです。

そうすることで、より良い状態で社会へ参加の復帰を行うことができます。

ひきこもりは時間があります。

ひきこもりでまだ外へ出る段階にはないという人は、まずは本を読んでみてはどうでしょうか。

色々な本を買って読むことで、外へ出るための活力につながります。

ただし、漫画は逆効果になることもありますので気を付けてください。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月8日 漫画厳禁!ひきこもっている時間は本を読もう! はコメントを受け付けていません。 回復する方法