ひきこもりから回復する3ステップとは?

ひきこもりから回復する方法というのは、『焦るな、走るな、押すな』の三つに限ります。

焦っては何も始まらないということはこの世の中に沢山あるかと思います。

その代表的なものが火事ですが、そこにひきこもりの回復というものも入れることができます。

何故ならば、ひきこもりは真面目です。

焦れば焦るほど、しっちゃかめっちゃかになって、周りを巻き込んで不幸にします。

それでも本人は必死でやっているつもりなのです。

まずは冷静になることから、ひきこもりの回復は始まります。

自分を押し殺しているとひきこもりから回復できない

ひきこもりは大人しいので、冷静になっているように見えることは多々あります。

しかし、内面は冷静になどなっておらず、『自分を押し殺せば解決する』という非合理的な解決方法となっていることが多いです。

例えば老人の介護現場では、『自分さえ我慢できればいい』という考えで、我慢して介護者のいいなりになった結果、ひきこもりになります。

何故なら介護者は全て御世話することで安全にクレームなく行うことを目的としてしますので、老人は自分で何かをすることがなくなります。

そのせいで体力の低下を感じながらも、自分で出来ることがなくなってきて、ひきこもりになってしまうのです。

若者にも同じような原理が当てはめられます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月25日 ひきこもりから回復する3ステップとは? はコメントを受け付けていません。 回復する方法