思い込んでも無理!できると無理に思わないこと

ひきこもりの回復にとって大切なことはできると無理に思わないことです。

できるという自信は確かに必要です。

それがなさ過ぎてひきこもりになっている人も大勢います。

しかし、無理にできると思い込み過ぎると回復の邪魔になります。

自己暗示というのは確かに大切です。

「自分はできる」

そう言い聞かせて、実際にできた人も大勢います。

しかし大勢の人ができなくて悩んでいます。

それができたら苦労しないということを無理に過信して失敗して挫折してしまうというケースも数多くあります。

自己暗示に頼りすぎると失敗した時が危険

実際に刑務所に入ると外の世界が希望に満ち溢れているようで出所した後の計画を立てて元気にアグレッシブルになる人も、外に出てみたら自堕落になって再犯をするというパターンの人も多いようです。

これも一種の自己暗示の結果でしょう。

何が正しくて何か間違っているかというのは世間が決めることです。

それに順応できるかどうかというのも世間が決めることです。

できないときはできないですし、できるときはできる、そんなふうに考えていればどうにかなるのかもしれません。

回復には自己暗示も必要です。

適度な自己暗示を施して、失敗してもくじけない精神を持っておくことが必要になります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月7日 思い込んでも無理!できると無理に思わないこと はコメントを受け付けていません。 回復する方法