自分に見合った仕事はない!?時には諦めも肝心!

仕事を辞めるにしても、仕事を続けるにしても、幾分かすれば自分の能力に見合ったことしかできないという諦めが出てきます。

これは一見すると悪いことにしか見えないですが、重要です。

ひきこもりは自分の能力がないと自覚しながらも、『努力をすれば想像以上にはできる』と考えている節があります。

これが幻想だと打ち砕かれるのはいいことです。

ただ、ここで考えて欲しいのは、打ち砕かれてそのまま戻っていないというパターンです。

これだけは避けなくてはいけません。

へたなプライドは捨てて諦めよう

この諦めの段階でひきこもりに戻ると、なかなか回復が難しくなります。

ただ、ひきこもりになっても直ぐに立ち直り、自分に見合った仕事をまずしようと思い直すことで、回復をすることができます。

工場のライン作業から始めて意外にも人間関係があって辞めてしまったという人は、人間関係のない派遣で働き始めるだとか、日雇い派遣でまずは慣らすとか、そういったことが必要となります。

ひきこもりは諦めも肝心です。

プライドを捨てることも肝心です。

それが『自分に見合った仕事をつく』という夢のないほとんどの人が就職の時に考える考え方へ辿り着くプロセスへと辿り着くのです。

これで、私はひきこもりからの脱却を図りました。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月25日 自分に見合った仕事はない!?時には諦めも肝心! はコメントを受け付けていません。 回復する方法