ひきこもりでも車の免許はとるべき?

私はひきこもりでうつですので、ペーパードライバーです。

運転をしたら人を殺す自信が満々にあります。

しかし、車道で私用で走ったことがないわけではありません。

車の練習をしてみたいと思い、車の練習をしてみた時もありました。

ただ、アクセルとブレーキを間違えると言う初歩的な間違いをしてしまい、一度車を軽くぶつけてしまいました。

幸いぶつかった対象が踏切の線であり、軽いクッションで済みましたが、電車が来ていたら大変な事故でした。

そのため、怖くなってもう辞めてしまいました。

この件で車恐怖症のようなものになり、ますますひきこもりになりました。

車が乗れたらひきこもりの状況も変わる

車が乗れたらちょっとは違うのでしょうが、なかなかそうもいきません。

車についてはさっぱりわからないので、初回更新の講習時には、さっぱり訳の分からないことを言っていて、頭がこんがらがっていたのを覚えています。

車が乗れるひきこもりと乗れないひきこもりではその質が大きく違います。

車が乗れれば行動範囲が広がり、色んなところに行けるでしょう。

ひきこもりに運転をさせるのは私のように事故を起こしそうで危険という思いもあるでしょうが、本人の行動範囲を広げるために、本人に意欲があるならば頑張って欲しいものです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 ひきこもりでも車の免許はとるべき? はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態