自動車学校を利用して社会復帰のリハビリをするが・・・

精神科へ受診すると同時に、私は自動車学校への入校を決めました。

私は高校時代に免許を取っていなかったのもあって、コンプレックスにはなっていたのです。

うつと学校が酷過ぎて自動車学校へ通う余裕がなかったというのがその理由ですが、それは少しましになったかな、と思い入校をすることにしたのです。

結果は、筆記が一発合格できたのですが、やはりうつのせいか実技が4時間くらい延長されるという散々なものに終わりました。

本番の試験は一発合格でしたので、それはよかったです。

自動車学校の実技がひきこもりを悪化させた

筆記は頑張ればできるのですが、実技は体がついて行けないと言う状態でした。

これはリハビリのつもりでした。

自動車学校は1カ月コースを選び、一日の数時間の講習や実技で済んだため、ひきこもりにもできると高をくくっていたのです。

しかし、不眠や嘔吐、睡眠時に金縛りが起こるなど、かなりのプレッシャーとなり、ストレスとなっていました。

やはり実技が上手くいかないのと、教官との密接なコミュニケーションのためでした。

そのため、リハビリどころかひきこもりを悪化させる原因となってしまいました。

これはひきこもり生活の中でもかなりの失敗でした。

でも、そのおかげで自動車免許は収得できました。

どちらがよかったのかはよくわかりません。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 自動車学校を利用して社会復帰のリハビリをするが・・・ はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態