自由を手に入れるためにパソコンを勝ち取る!

私のパソコンは自室にはありませんでした。

自室にないどころか、フィルタリングソフトを仕掛けられ、プライバシーなどないも同然の状態でした。

それを無理矢理勝ち取ることから私の戦いは始まりました。

何度もくじけそうになりました。

だけど、時には暴言を吐き、時には壁を殴り、何度も何度も交渉してやっとのこと、手に入れることができました。

このパソコンを手に入れるだけの作業で何ヵ月という日々を消費しました。

私にはパソコンが必要でした。

家でも学校でもない何処かが必要でした。

インターネットで親の監視がない世界へ!

インターネットで監視のない自由な世界へと逃げ込むことが必要でした。

ただ、パソコンはあくまでも手段であって目的ではありません。

その手段を手に入れるだけでこんなにも時間がかかるものなのかと、日付感覚がなくなっていた自分でも絶望するくらいの時間がかかっていました。

母親は過保護で私のことを信用していませんでした。

そのため、自由を極端に制限したがり、インターネットはその最たるものだったのです。

お互いに引けぬ感情があったのでしょう。

だけど、パソコンは結果的に私の元に届きました。

「これで小説の賞へ応募できる」

私がまず考えたのはそれでした。

フィルタリングによってブロックされていた、小説賞への応募方法を知ることができたのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 自由を手に入れるためにパソコンを勝ち取る! はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態