ひきこもりの1日は単調の繰り返し

ひきこもりの1日は単調です。

・まず好きな時に起きます。

・フラッシュバックが起こります。過去の記憶が蘇り、私を苦しめます。

・パソコンに向かいます。サイトの更新や小説の執筆などを行います。

・ゲーム機に向かいます。ひたすらゲームをします。

・うつ症状は常にあります。何もやる気がでず、時にはパソコンもできない状況になります。

・状態によっては妄想を行っています。『俺は総理大臣。世界を変えるんだ』

・また、外で声などがすると恐怖で体を丸めて震えています。

・将来への不安は常にあります。

・ひきこもりの解決方法も常に考えています。

・だけど、延々と考えているだけで答えは出ません。

・眠くなったら寝ます。

これだけです。

これがひきこもりの1日です。

もちろん、状態や体調によっても違います。しかし、大体はこんなものです。

どうでもいい1日だと人によっては思うでしょう。

しかし、ひきこもりには必要な1日なのです。

この毎日を繰り返して繰り返して、心が回復するのを待って、または回復しないという事実に気づいて別の生活へと変貌するのです。

この生活に『外出』の項目が加わる時は、かなり違います。

もう死にそうな特別な1日となります。

それがひきこもりです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 ひきこもりの1日は単調の繰り返し はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態