なぜひきこもりは仕事をバックレる傾向にあるのか?

バックラーという言葉があります。

バイトを直ぐに止めて連絡がつかなくなるのが、このバックラーです。

そういう私もバックラーの端くれとしてバイトを転々としてきました。

何故ひきこもりはバックラーになりやすいのか?

これは最初の時に、辞めると言って職場の人から嫌な顔をされたり、『この日まではいろよ』と言われて職場で針のむしろにされたり、嫌な目に遭ったからです。

年齢が行くと働ける職場がない上に、こうしたリスクを背負わなくてはいけなくなるため、苦労をします。

それに比べてバックれは簡単です。

携帯電話の電源を切ってそのまま放置しておくだけでいいのです。

相手は諦めて勝手に辞めさせてくれます。給料もそのまま支払われることがほとんどです。

バックラーを癖にすると社会復帰できない

これは癖にすると大変です。

直ぐに辞められるという意識の中で仕事をするのはある意味で楽なのですが、直ぐに辞めてしまうのではないかという恐怖にも見舞われます。

また、職場で何も学んでいないため、人間関係の構築に失敗することも多々あります。

長期間の人間関係の構築というものを結局は学んでいないのです。

そのため、私も大変な思いをしながら仕事をしています。

針のむしろになりながらも、今はなんとかやっています。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 なぜひきこもりは仕事をバックレる傾向にあるのか? はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態