ひきこもり生活はうつを回復させるためだけの生活

私のひきこもり生活は、うつを回復させるためだけの生活でした。

うつを回復させるために娯楽へと浸り、うつを回復させるために気まぐれに働こうと思い、うつを回復させるために叫んだり独り言を言ったりしていました。

うつは病です。

お医者さんに相談するのが一番なのですが、私は自分の力だけで直そうとしてしまいました。

自分の問題なのだから、自分にしか治せないと思ってしまいました。それがいけなかったのです。

うつには薬物療法が有効です。

うつにはお医者さんの指示が必要です。

うつにはカウンセリングも必要です。

自分以外の力も頼ってうつから回復する

現在の医療制度の中では薬を出せばそれで点数が稼げると薬ばかりを出す医者もいることはいます。

そのため薬物療法は役に立たないと言う人はいます。

そうした情報を鵜呑みにしてはいけません。

藪医者に出会ってしまったら、医者を変えればいいだけのことなのです。

まずは薬で自分の体調を整えてください。

それから冷静な頭でこれからのプランを考えてみてください。

そうすれば、きっと道は開けるはずです。

私の場合にはそれはできませんでした。

うつを回復するのに自分の力だけを頼りにして、自分の力だけで直せるものだと考えていました。

自分の力だけでしか治せないものだと考えている節もあったのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 ひきこもり生活はうつを回復させるためだけの生活 はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態