外に出ようとするも不安!玄関前で足が3時間止まる・・・

実際に現実を直視してみると、異様な不安に襲われます。

そもそも社交不安障害になっているので、外に出るのも体力がいることです。

そして、人と話すのも体力がいることですし、他にも問題は山積みです。

私は、現実を直視して『さあ、行こう』という時に、3時間かかりました。

身支度を覗いた玄関前で停止している時間のことです。

それでも、それしかないのです。もう何もかもやり終えたのです。

現実に戻るしかないのです。

そういう思いで、やっとのこと、3時間で出ることができました。

外に出たら目的の場所まで歩いてみる

外に出ても不安は常にあります。

外に出なくてもあった不安がより増幅してきます。

しかし、不安を掻き消すことはできません。

不安に打ち勝つ方法は、自分にしかない『何もない自分』を見つめることです。

そうすれば、失うものもないことに気づきますし、反射的に他人をどうでもいいものと思えるようになります。

不安になるのは仕方ありません。

不安になるのはどうしようもありません。

だからこそ、不安に打ち勝ってほしいのです。

目的の場所に着くまでに、私は吐きそうになるのをこらえながらも辿り着くことが出来ました。

誰にだってできることです。だけど、ひきこもりには今までできなかったことなのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 外に出ようとするも不安!玄関前で足が3時間止まる・・・ はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態