ひきこもりは100%うつ病にかかっている!

ひきこもりはほぼ100パーセントうつ病にかかります。

これは時期的には拘禁反応の最中や、拘禁反応の後に現れます。

通常うつは3ヶ月から1年程度で治療します。しかし、ひきこもりには回復期と発病期を繰り返して、何年もうつにかかっているように見える人もいます。

私の場合は開始から1カ月ほどでかかりました。ふと小説を書いていると、ふっと体の奥に重みが出てくるのを感じました。これが始まりとなってうつ病が現れました。

うつ病は完治と再発を繰り返す

このうつ病と言うのは厄介です。

何もやる気が起きない。

常に絶望状態。

うつを回復させるために全てのエネルギーを使う。

などの、厄介な病状が出てきます。

それでいなくとも厄介な病を持っているのに、そうなるともうこんがらがってきます。

このうつ病は元々持っていて、だけどひきこもりへとなることで回復し、その後再発するケースもあります。

私の場合もそうでした。もうひきこもりとなって何も危害を加える者がいなくなったと思ってうつ病が治る反面で、親と上手く行かず、うつ病が再発していきました。

拘禁反応で性格も変わってきて、うつ的になったり、攻撃的になったりしました。

そんな中で悪い刺激しか与えられていないと、うつになるのも当然かもしれません。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 ひきこもりは100%うつ病にかかっている! はコメントを受け付けていません。 ひきこもりの状態