精神疾患系のひきこもりはみんな稀な原因でなっている

私の実体験を元にひきこもりの原因と回復を探るということですが、はっきり言って私の原因はレアケースです。

『社交不安障害』『気分障害』が原因の精神疾患系のひきこもりではあるのですが、ひきこもりになる原因と言うのは人それぞれ違います。

精神疾患系のひきこもりは、どの人もレアケースなのです。それをまずは理解してほしいと思います。

その上で、共通する点は何処かにあるはずです。

ひきこもりには傾向というものが探り難いという特徴があります。何故なら社会参加していないからです。

ニュースで取り上げられているようなひきこもりは存在しない

私が後から振り返ってみてみると、

「こうした人はひきこもりになりやすい」
「ひきこもりの原因はこうだった」
「全体的に見たらひきこもりの原因はこうではないか?」

という『理解』は行うことができました。

それを体系的にまとめることで、今、ひきこもりで悩んでいる方や、ひきこもりの家族で悩んでいる方のお役に立てればと思います。

一番にわかって欲しいのは、マスメディアで取り上げられているようなひきこもりはほぼ存在しないということです。

そして、マスメディアが言うように簡単な理由でひきこもりになるわけでもありません。

複合的な理由からそれが一番合理的だと判断して、そうなったのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年2月20日 精神疾患系のひきこもりはみんな稀な原因でなっている はコメントを受け付けていません。 ひきこもりになった原因