別々の意見を言う両親の対応に混乱

私の両親は相談をしない夫婦でした。

そのため、ひきこもりになって私に対する反応はそれぞれ違いました。

まず、母親は私を外に出さないようにしました。

そのために、何でもしましたし、元の職場に戻るまでは外出をさせないつもりでした。そして監視を行い、常に行動を制限させようとしました。

逆に父親は、『そんなひきこもり状態の私を心配し』週末には映画に無理やり連れて行かされました。

クソつまんない映画を1000円だ2000円だか払ってみるのです。

私はゼロ円で自由に外に出たいと言っていると言うのに。

そして、常に対話と評して、監視の報告をし、会話の十手先までわかるような中身のない議論を続けました。

別々の意見を言わずに話し合えばひきこもらなかった

そうして矛盾した環境が私の中で重なっていったのです。

毎日外に出るなという母親、週末には無理矢理連れ出す父親、部屋を守るためひきこもる私の三柱の狂演です。

私はひきこもりにならない方法としては、この親がきちんと相談をすればよかったのです。

どういう方向で行けばいいのかちゃんと決めればよかったのです。

そうすれば個人で勝手に心配しているところの心配を全て解消することができたのです。

しかし、親はそれをしませんでした。

だから、私はひきこもりになったのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ