ひきこもりの原因2【いじめ】

いじめはひきこもりになる第一歩の原因でした。

詳しく言えば、社会からドロップアウトする原因でした。

私はいじめられっ子体質なものでしたので、子供の頃からよくいじめられていました。

同級生ではなく、教師がいじめることもありました。私は協調性と言うものが欠けているらしく、ある種の教師に凄く嫌われるのです。

私はこの世には、管理型教師と友好型教師がいると感じています。

わいわいしている者を管理して統制するのが管理型教師です。

わいわいみんなで『楽しまなくてはいけない』と思っているのが友好型教師です。

友好型教師に嫌われていじめの対象になる

友好型教師というのはよくテレビドラマなどではヒーローのように扱われていますが、そんな訳がありません。

そもそもテレビドラマのように上手く行くはずがないのです。そのため、一人をスケープゴートにしてみんなでいじめる必要があります。

私はどうにもそうしたスケープゴートに選ばれやすい体質だったのです。

教師には殴られましたし、暴言を吐かれるなど日常的で、ホームルームはホームと言いながらも独裁者が公開処刑をする場で私を晒し者にする場所でした。

部屋に軟禁され、数時間に渡って暴言を吐かれたこともありました。

れでみんなで仲良くなって一団となってドラマごっこをしていたのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ