ひきこもりのきっかけを絶つことは難しい

ひきこもりには原因があります。しかし、そのはじまりを絶つことは非常に難しい問題となっています。

何故ならば、その理由は複合的にあり、ある意味、仕方ないものもあるからです。

例えば、私の親の場合、私が不登校にならないようにアクションはしていました。風邪で3日休んだだけで『仮病だろ』と何度も言ってきたり、電話で私に聞こえるようにわざとらしく『不登校になる奴ってどういう神経しているんだろうね』などと話していたりしたものです。

しかし、結局は就職した後、燃え尽き症候群でどうにもならなくなりました。

ひきこもりを予防するには家族と一緒に対応する

ひきこもりにならないように予防するとしたら、まずは冷静に対応することです。

これはひきこもり本人にも、その家族にも言えることです。

問題点を紙に書いて、一つずつクリアしていってください。

問題点が溜まらないようにすることがまず、ひきこもりを予防する一番の方法です。

人はやはり一つの問題ならば我慢できるものなのですが、何個も問題を抱えると対処できなくなります。

そして、最終的には私のようにひきこもりになってしまうケースも多々あります。

しかし、はじまりを絶つことはやはり難しい問題です。

はじまってしまってから、対処を考えた方が良いでしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ