自白剤必須!?ひきこもりの口を割らすのは相当難しい

ひきこもりは説明をする能力が欠けていることが多いです。

物事を『こうこうこうでこうなった』というエピソードトークをするのが苦手であるということが多いです。

他人に相談する能力がないとも言えます。

そうした事情からひきこもりから情報を引き出そうとすることは非常に難しいこととなっています。

そのため、ひきこもりの口を割らすのは難しいとも言えます。

自分の意見よりもひきこもりの意見に耳を傾ける

ひきこもりは口に出すのが苦手です。

そのため、聞き手に回り、しっかりと話を聞くことがひきこもりの親には必要となっています。

そうした日ごろの会話力がないというのもひきこもりの親にとっても悩みの種となっているのかもしれません。

しかし説明をさせるということも必要になってきます。

ひきこもりの親はどうしてもガーガーガーと言う感じで自分の思っていることを言っていることが多いのですが、ひきこもりの話を聞くことも必要となります。

ひきこもりの話をしっかり聞くことで、ひきこもりを治すことに最大限に引き出すことができます。

ひきこもりのことを固定観念で決めることなく、柔軟な感じで聞くことが必要となります。

ひきこもりを受け入れ、ひきこもりを決めつけないということが必要となります。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
2014年3月15日 自白剤必須!?ひきこもりの口を割らすのは相当難しい はコメントを受け付けていません。 家族がとるべき行動