会話教室(コミュニケーション講座)に参加してみた

ひきこもりになる原因はコミュニケーションがうまくできないことが大きな原因の一つだと思うので、改善のために会話教室(コミュニケーション講座)に参加してみました。

昔、自分なりに会話について勉強したときは会話では「聞き上手になることが最強」と聞いたのでいろいろと質問をして聞くことに徹していたことがあります。

質問していると相手が話してくれるからわりとコミュニケーションが上手くなった気になっていたけど、実はそうではなかったんです。

よくしゃべる人が相手のときは質問しているだけでもいろいろしゃべってくれるんだけど、あまり話さない相手だと会話が続かないですぐに終わってしまいます。

それに、会話が途切れないように話題をたくさん用意してるんだけど、1つ1つの話題が広がっていかないから会話が全然続かないんです。

「どこに住んでるんですか?」「都内です」
「仕事何してるんですか?」「事務やってます」
「休みの日は何してるんですか?」「寝てます」

こう、すぐ終わっちゃうんですよね。それに、ずっと質問してるのは「尋問」みたいに感じるらしく・・・

まあ、それでも昔に比べればかなりマシだったのでよかったけど、結局これだけだと会話を楽しく長く続けることはできなかったです。

コミュニケーション講座で習ったこと

コミュニケーション講座では基本的な話し方を習います。

  • 傾聴(話を聞く)
  • 発話(自分で話す)
  • 心理学(基礎知識みたいなもの?)

それぞれ4ヶ月くらいかけて、超基礎的なことを学んでいくんだけど、会話が苦手な人はこの超基礎的なことができていないから、これができるようになるだけですごく変わります。

話の基礎の基礎から学んでいく感じでそれぞれ4ヶ月くらいかけて月に2回通って、教えてもらって練習していきます。

自分が入ったときは「傾聴(話を聞く)」のときだったのでまずは傾聴から。実はこれ、話題をたくさん用意するよりも全然「聞き上手」になる簡単な方法がたくさんあります。

>> 聞き上手な人は相手の話をオウム返しする

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ