目的のない普段の会話が苦手

人と会話をしていて毎回思う違和感があった。

会話の「着地点」が見つからないこと。美味しかった食事の話とか、なにか自分の話をして、最後に自分の中で「で、何?何でその話したの?」となってしまう。

毎回書いてて思う違和感。 最後に結論が無い感じ? 自分が話すときになると「あれ?俺何が言いたいんだ?」といつもなってました。

そういえば普段の会話でもそんな感じだったな。話振られて自分が話をすると最後が微妙な空気になる。 目的のない会話って苦手。これも数こなしたら慣れるのかな?

目的のない会話をうまくするには

この間先生に教えてもらったのが、”普段の会話は「感情の交流」だから仕事の話みたいに結論は要らない”ということ。こんなの全然頭になかった。 みんな当たり前にやってることが自分の中ではそもそも概念として全く無い。

そもそも前提がおかしい状態だから、ちゃんと正しいやり方を教わって、それを実践していかないと、いくら会話の練習をしてもコミュニケーションが上手くなるわけがなかったと実感。まあ、それでも昔に比べたらかなり良くはなっているけど。

たしかに、この年齢でうまくできないんだからどこかおかしいわけで、そもそも頭の中の前提がおかしいなら自分では気づけない部分なので、自己流で治すというのはちょっと難しかった、もしくは果てしなく時間がかかる道だったのかな。

あとはできるだけ実践していけば、あとは時間の問題でできるようになるはず。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ