自分は頭のいい人間だと思っているひきこもりは鬱!

ひきこもりの犯しやすい間違いとして、ネガティブを肯定的にとらえ過ぎているということが挙げられます。

もちろんネガティブは物事を深く考えるという意味で、悪い意味ではありません。

ただ、ネガティブに物事を斜に構えて見ることで、自分をインテリ視する考え方をする人がたまにいます。

自分は物事を深く考えられる頭のいい人間であると自分の考え方を信仰するような考え方をする人がいます。

それはひきこもりに逆効果です。

そしてそれはインテリ的な考え方ではなく、ただのうつです。

「自分は頭のいい人間だと思っているひきこもりは鬱!」の続きを読む…

病院で治療しよう!ひきこもりは現状ではなく病気!

ひきこもりをしていると、これは修行だとか、現象だとか、釈迦の領域にいるだとか、訳のわからない言い訳をしてしまいがちです。

その結果、導き出す答えとは、『ひきこもりは病気ではなく、現象だ』と言う結論です。

これは間違っています。

断じて言いますが、ひきこもりは病気です。

確かに数か月だけ不登校という人にとってはそれはただの現状でしかありませんが、何年も続くようなひきこもりだとそれは病気以外にありえません

何らかの精神疾患を患っているためにひきこもっていると、明確に判断することが必要です。

「病院で治療しよう!ひきこもりは現状ではなく病気!」の続きを読む…

自己責任?ひきこもりになったのは自分のせい?他人のせい?

ひきこもりがよく陥りやすい間違いというのは、ひきこもりをした原因が自分にあると錯覚することです。

確かに現状ひきこもりである以上、ひきこもりという選択肢を選んだのはその本人です。

しかし、原因と選択というものは大きく違います。

原因は諸悪の根源です。

選択はORの一つを選ぶ行為です。

ひきこもりという選択をしたのは、ひきこもりの選択によるものです。

しかしひきこもりになった原因は様々な要素があり、自分では対処できなかった部分も多数あるでしょう。

そうしたひきこもり特有の劣悪な環境を全て自分の自己責任にしてしまうひきこもりがいます。

また、全てを他者責任にしてしまうひきこもりもいます。

「自己責任?ひきこもりになったのは自分のせい?他人のせい?」の続きを読む…

ひきこもりから正社員を目指すな!問題は一気には解決できない

ひきこもりが起こしやすい間違いとして、一気に物事を解決しようとする傾向があります。

これは100か0という完ぺき主義的な性格からきています。

例えばひきこもりでブランクがあるのに、就職をしたりすることですね。

いきなり正社員を目指したりします。

正社員でも契約社員でもそこまで優しいものではありません。

社交性とスキルを身に着けていなければ、直ぐに辞めてしまうでしょう。

「ひきこもりから正社員を目指すな!問題は一気には解決できない」の続きを読む…