怖いことも受容して経験値を上げる

ひきこもりを辞めるには、挑戦して、失敗して、諦めて、受容するというプロセスが大切となります。

簡単に言えば『経験値を積む』わけですね。

ひきこもりは、経験値がほとんどありません。

自分でインフラを整備する能力もなければ、自立する能力も、仕事をする能力もありません。

ただ、それは元々、誰も持っていないものです。

経験を積んで身に着けたものです。

ひきこもりは経験を積むのも怖いのです。

そのため、失敗を恐れず、くじけず、受容するという経験の需要が必要となります。

また、体力や記憶力などの能力の低下が起こっている場合、それを受容することも十分に必要となります。

何故ならば、それを受容できれば努力する機会が減るからです。

「怖いことも受容して経験値を上げる」の続きを読む…

自分に見合った仕事はない!?時には諦めも肝心!

仕事を辞めるにしても、仕事を続けるにしても、幾分かすれば自分の能力に見合ったことしかできないという諦めが出てきます。

これは一見すると悪いことにしか見えないですが、重要です。

ひきこもりは自分の能力がないと自覚しながらも、『努力をすれば想像以上にはできる』と考えている節があります。

これが幻想だと打ち砕かれるのはいいことです。

ただ、ここで考えて欲しいのは、打ち砕かれてそのまま戻っていないというパターンです。

これだけは避けなくてはいけません。

「自分に見合った仕事はない!?時には諦めも肝心!」の続きを読む…

【混乱】

ひきこもりは仕事についたり、学校に行ったり、何か目標を持って行動をする時、多くの場合は混乱します。ひきこもって何年もする場合は、街の変化ですら混乱するくらいです。私は街にいる外国人と宗教施設の増加に驚きました。あからさまに小学校の隣に建てられた教会とかがあったりして、街が随分と怖いものになったというイメージを持ってびくびくとしていました。例えば今では共産党が第二政党となって勢いが出ていますので、どこでも共産党活動が行われています。これは一昔前なら正気の沙汰ではないことです。こうしたことに徐々に慣れていく環境がついていないとちょっとのことで怯えてしまうのです。
また、仕事自身についても、思っている以上に体も頭も動きません。
ゆっくりとした亀のような動きで、仕事場を動かなくてはいけません。
何故ならばひきこもりはひきこもっている内に体力が低下し、うつで記憶力も低下しているので、仕事として使いものになるかどうかと言えば、使いものにならないのです。
始めの3ヶ月はそのまま使い物にならなくて、『どうしてこんな人間が働いているのだろう』と罪悪感に見舞われます。それで辞めてしまうケースもありました。
回復にはこの混乱が必ず必要です。
混乱は考えるということなのですから。

焦らずに冷静になって状態回復してからひきこもりを脱出しよう

まずはひきこもりの状態の回復をしなくてはいけません。

ここでよく考えてしまいがちなのが、親が死んだとか、貯金がなくなったとか、そうした状態の変化でひきこもりは解決できないということです。

焦ってしまい、結局は一時的にひきこもりでなくなったとしても、ひきこもりに逆戻りしてしまうことが大半です。

何故ならその回復を行う際には、冷静な頭で判断して選択をしているわけではないからです。

ひきこもりには、ひきこもりになった原因が必ずあります。

それを置き去りにして、焦って行動しても何も解決になりません。

「焦らずに冷静になって状態回復してからひきこもりを脱出しよう」の続きを読む…

ひきこもりを辞めるには正しいプロセスが存在する!

回復にはプロセスがあります。

それは、【状態回復】【混乱】【諦め】【受容】【心理的成長】の5つにわけることができます。

ひきこもりには、『心理的回復』と『状態的回復』の二種類にわけることができ、この二つは密接に関係しています。

これは現代の社会人においても同じなのではないでしょうか。

心がまともでないと状態を回復できませんし、状態がまともでないと心が回復できません。

「ひきこもりを辞めるには正しいプロセスが存在する!」の続きを読む…

ひきこもりから回復する3ステップとは?

ひきこもりから回復する方法というのは、『焦るな、走るな、押すな』の三つに限ります。

焦っては何も始まらないということはこの世の中に沢山あるかと思います。

その代表的なものが火事ですが、そこにひきこもりの回復というものも入れることができます。

何故ならば、ひきこもりは真面目です。

焦れば焦るほど、しっちゃかめっちゃかになって、周りを巻き込んで不幸にします。

それでも本人は必死でやっているつもりなのです。

まずは冷静になることから、ひきこもりの回復は始まります。

「ひきこもりから回復する3ステップとは?」の続きを読む…