一瞬でひきこもりから脱出して正社員になりたい!

ひきこもりの回復方法で最もしてはいけないのがこの方法が、一気に治すというものです。

これは何故してはいけないかと言うと無理に決まっているからです。

私も一気に頑張ろうと飲食一本で行こうと飲食店に勤めたことがありますが、飲食店と言えば最悪のブラック企業であり、途中でダウンしました。

もちろん一気に治して治る人もいます。

そうした人はどういう人かというと、今まで人間関係の運がなかっただけでもともとのコミュニケーション能力があり、なおかつ愛想を振りまける人です。

そうした人は職場をがらりと変えるだけでひきこもりが一気に治る可能性もあります。

ただ、大半の人はそれでこじらして終わりという結末になります。

「一瞬でひきこもりから脱出して正社員になりたい!」の続きを読む…

ひきこもりの働き方【少しずつ慣らす】

ひきこもりの働き方として少しずつ慣らすというものがあります。

まずはいつでも自由に働ける日雇い派遣から始め、その後に週一くらいのペースで働けるシフトが自由に組めるバイトか、もしくは短期バイトで体を慣らしていきます。そうして体が社会に適応できるまでに慣れたら後は、正社員の道を目指します。ここで勢い余って長期バイトなどに応募してはいけません。長期バイトはひきこもりには向いていないタイプの人が多くいますし、長期でバイトをするのは未来のない行為です。

ただ、この正社員をできるまでに道のりはなかなか厳しいものとなっています。時にはくじけることもあるでしょう。時にはバイトを辞める時もあるでしょう。しかし、それでもくじけず頑張って欲しいです。頑張っているから頑張っているとか言うなという言葉もあるでしょうが、それでも言います。頑張ってください。

それ意外にありません。

ただ、要注意なのが燃え尽き症候群です。あまりにも過度に頑張りすぎると後になって燃え尽きてまさに「真っ白だぜ」という状態になってしまいます。明日のジョーではそれでまだボクシングをやっていますが、ひきこもりはひきこもりに戻ってしまいます。頑張るのと、エネルギーを消費するのでは大きく違います。

ただしい頑張り方で頑張ってください。

ひきこもりの現状にひたむきに向かう合う能力の必要性

現状に向かいあうということはかなり難しい能力です。

例えばあなたがひきこもりで、外に出るのが怖い、人が怖い、人とすれ違うたびに笑われているように感じる、そんな状態になったらどう現実と向かい合えばいいでしょうか?

向かいあって、死ぬしかないと思い詰めるのが関の山です。

ただ、現状を見つめないと前へは進めません。

でも、別に前に進む必要はありません。

現状を見なくてななめに進んでもいいのです。ただ、ななめ前に進めるようにしてくれればそれでいいのです。

ななめ前に進むにはどうしたらいいでしょうか。

それは現状にひたむきに向き合う能力をつけることです。

「ひきこもりの現状にひたむきに向かう合う能力の必要性」の続きを読む…

現状を流す能力を身につけ一時的に苦痛から逃げる!

世の中にはどうしても解決できない問題というのが存在します。

例えば昔、親に虐待されていた二人の少女がお互いの親を殺すという殺人事件がありました。

そして、その事件の裁判官は「家出をするという選択肢がありながら、殺人という結果を生み出した。遺憾なことだ」という内容で判決を下しました。

はっきり言って滅茶苦茶な判決だと思ったのを覚えています。

家出するというのは選択肢ではありません。

どうしても解決できないものは、『問題無能解決事項』として保留するしかありません。

そして、その問題を受け流すか、妥協した別の解決策で現状から目を背けるか、それしかありません。

「現状を流す能力を身につけ一時的に苦痛から逃げる!」の続きを読む…

今の自分の現状は?現状を把握する能力でひきこもりから脱出する!

ひきこもりの回復には、まず自分の現状を把握する能力が必要です。

そのためには、以下の4つの質問に答える必要があります。

1.自分はどういった状態にあるのか?

2.何を問題として抱えているのか?

3.どういうところを直していけばいいのか?

4.解決策は何か?

そういったことをひきこもっていると見失いがちになります。

まずは上記の4つのアンサーを出してみましょう。

そうすればきっと答えが出るはずです。

何せひきこもりは問題だらけで、ごっちゃごっちゃになっています。

それを紙の上で整理するだけで大部違います。

「今の自分の現状は?現状を把握する能力でひきこもりから脱出する!」の続きを読む…

風俗でコミュニケーション慣れするなら高級店で!

風俗でコミュニケーション慣れをするという方法もあります。

風俗はかなり受動的なコミュニケーションを行ってくれ、お客の機嫌を損ねるようなことはしません。

そのため、ひきこもりがコミュニケーション慣れするために使うのも一つの手です。

また、ひきこもりはその社会性のなさから出会いもないので、そうした意味でも精神的なリラックス効果があります。

その際には高級店に行くことをおすすめします。

「風俗でコミュニケーション慣れするなら高級店で!」の続きを読む…

筋力低下が原因!?老人のひきこもりを回復するためには?

老人のひきこもりの回復は、まずは動くことが必要です。

老人のひきこもりの原因は、筋肉の低下です。

外へ出るための理由をつけて、外へ出る楽しみを見つけることが必要です。

老人のひきこもりの回復は、外へ出る楽しみを自分で見出したり、他人に見出してもらうことが必要です。

老人のひきこもりでは、ひきこもりを続けていくうちにどんどんと筋力が低下して、やがて寝たきりになってしまいます。

また、認知症などの病気リスクも高くなってしまいます。

老人のひきこもりは、将来の心配をする必要がない分、他の年代よりも大きなリスクを伴うのです。

「筋力低下が原因!?老人のひきこもりを回復するためには?」の続きを読む…

失業が原因でひきこもりになった中年に必要なことは?

中年期のひきこもりは主に失業からの挫折でひきこもりとなってしまうことが多いようです。

中年期の働き盛りの時に失業をしてしまうと、「今まで頑張ってきたのはなんだったのだろう」とひきこもりになってしまうようです。

中年期のひきこもりを回復する一番の手立ては就職です。

今まで働いていた人ならばその経験を生かして新たな職につけるでしょう。

しかし、若者の時からひきこもりをしていて中年期までひきこもりをしている、というったような特殊なケースですと回復も大変かもしれません。

中年期のひきこもりに必要なのは、「自分に自信を持つこと」です。

「失業が原因でひきこもりになった中年に必要なことは?」の続きを読む…

精神が大きく左右!?若者のひきこもりを回復させるためには?

若者のひきこもりは、比較的に回復をしやすいでしょう。

若者はそれだけ未来はある分、ひきこもりを脱却した後の生活が成り立ちやすいです。

若者のひきこもりには精神的なものが多く、そのためこじらせるとかなりこじれることになりますが、回復するときは一気に回復することがあります。

また、若者のひきこもりは、思春期に代表されるような精神疾患とは別の環境的なものであることも多く、環境が変われば回復することもあります。

学校に代表されるような特殊な環境のせいというのもあります。

「精神が大きく左右!?若者のひきこもりを回復させるためには?」の続きを読む…

精神障碍者認定をもらってひきこもりから脱出しよう

ひきこもりを続けていると、精神障碍にかかる可能性も高くなります。

そうして精神障碍者認定をしてしまうこともひきこもりの回復に役立ちます。

精神障碍者認定には、精神障碍者年金と精神障碍者手帳の二つの認定があります。

精神障碍者年金はその通り年金をもらえるシステムです。

等級に応じて、月単位でお金をもらえます。

また、精神疾患にかかったその日から遡ってお金をもらうこともできます。

今はお笑い芸人の河本準一さんの母のような不正受給がラッシュで出てきたため、難しいのが現状です。

通常、審査には半年ぐらいかかり、かなり大がかりなものとなります。

「精神障碍者認定をもらってひきこもりから脱出しよう」の続きを読む…

真面目さは武器に、メンタルの弱さは打ち明ける。

ひきこもりの武器はその真面目さと素直さでしょう。

反抗することなく従順に行動をすることができます。

それは一般の人ではなかなかできないと同時に、一般の人ではないという雰囲気を醸し出してしまいます。

メリットと同時にデメリットでもあるのです。

この真面目さを武器にするには、「自分は真面目だけが取り柄」などの謙虚な口癖をついておくと、人間らしさが出て、人間関係が良好になります。

「真面目さは武器に、メンタルの弱さは打ち明ける。」の続きを読む…

無理にネガティブな性格を治そうとするな!

ひきこもりはネガティブな性格であり、それを治したいと考えていることが多いです。

ただ、私は治したい性格などないと考えています。

ネガティブであることで生活に支障が出るならばそれは適合した生活をしたり、治していかなくてはいけないかと思います。

しかし、性格自体を変えることはなかなかできません。

性格とは自我そのものであり、治すべきものではありません。

あるがままに生きる。

「無理にネガティブな性格を治そうとするな!」の続きを読む…

ひきこもりは長期バイト手を出すな!逃げ場がないぞ!

一番ひきこもりに向いていないものは、長期バイトです。

長期バイトは、一見いいものに見えますが、そうではありません。

非正規雇用という立場であり、長期という先が見えないものです。いいものであるはずがありません。

「とりあえず働こう」

そうした意思があると長期バイトを選びがちです。

何故ならば長期バイトは、『長期』であるという『しっかり感』と、バイトという『簡単に入れるもの』の二つがあるからです。

しかし、長期バイトの実態は、『長期』である絶望感と『簡単な作業』という未来の見えないものです。

「ひきこもりは長期バイト手を出すな!逃げ場がないぞ!」の続きを読む…

世界に一人ぼっち!誰も頼るべき相手がいない時の対処法

ひきこもりには回復するにあたって様々な困難が待ち構えていますが、それを全部一人で抱え込むのは普通の人でも無理な話です。

時には苦しすぎてどうしようもないことや死んでしまいたいくらい辛いこともあるでしょう。

ひきこもりにはそれを相談する相手もいません。

そうした場合、どうしたらいいのでしょうか?

「世界に一人ぼっち!誰も頼るべき相手がいない時の対処法」の続きを読む…

ひきこもり脱出には長期より短期バイトの方が適している!

短期バイトはひきこもりの回復にとてもいいです。

短期バイトは『目標』を設定できます。

つまりその短期バイトを無事に終わらせることですね。

1か月から3か月の短期バイトを選ぶといいでしょう。

短期バイトは、長期バイトと違って果てしない道ではありません。

短期の目標設定がしやすいバイトです。

「ひきこもり脱出には長期より短期バイトの方が適している!」の続きを読む…