外が怖い!ひきこもりになるとすべてが恐怖

ひきこもりには恐怖が常にあります。

外が怖い。人が怖い。社会が怖い。自分の世界以外の全てが怖い。

そんな感情を持っている人がひきこもりになっているのです。

そうした恐怖を克服するにはどうしたらいいでしょうか?

「外が怖い!ひきこもりになるとすべてが恐怖」の続きを読む…

薬物を使わずにひきこもりを治す森田療法

ひきこもりを治す時に、どうしても薬物を使いたくないという人におすすめしたいのが、森田療法という治療法です。

これは「あるがままに」をテーマに、薬で社会に適応するようにするのではなく、自分の考え方を社会に適応するようにするという認知療法の一つです。

ただ、これは人によって合う合わないがあるらしいので、注意は必要です。合う人には薬を使わずに、ひきこもりを治すことができます。

「薬物を使わずにひきこもりを治す森田療法」の続きを読む…

工場はコミュ力不足のひきこもりに適した職場

工場とひきこもりは密接な関係を持っています。

実際に地域サポートステーションというひきこもりの支援団体を見ると、工業地帯の工場に就職することが多いらしいです。

ひきこもりというとコミュニケーション不足が目立ちます。

コミュニケーション不足によって、コミュニケーションのない工場とはかなりのひきこもりに適した職場となります。

「工場はコミュ力不足のひきこもりに適した職場」の続きを読む…

バイクか車を持つことがひきこもり脱出につながる理由

バイクか車を持つということは大切です。

何故ならば、バイクや車というのは足として非常に便利だからです。

都会だと交通事故の可能性が高くなりますが、田舎だとバイクや車がなければ何もできないという事態にもなりかねません。

バイクか車を持つにはまずお金が必要です。

そしてバイクか車で全国を旅してみたいという壮大な目標でもいですし、気軽に通勤をできるようにしたいという小さな目標でもいいですので、とにかく稼ぎましょう。

バイクや車を持つということがひきこもり脱出の大きなステップアップとなります。

バイクや車は足として速いため、仲間内でも重宝されます。

「バイクか車を持つことがひきこもり脱出につながる理由」の続きを読む…

昆虫や金魚の飼育がひきこもり脱出につながる理由

生き物を飼ってみるのは、ひきこもりの回復に大きく貢献します。

しかし生き物を飼うというのは、それだけ責任が重くのしかかります。

これが犬や猫など本当に責任は重大です。

主人の性格のせいで、その犬や猫の性格まで変わってしまうのですから、その命の重要性を実感してしまいます。

それが重いという方は、是非、昆虫や金魚を飼ってみることから始めてみてください。

「昆虫や金魚の飼育がひきこもり脱出につながる理由」の続きを読む…

ネト禁して本を読もう!ネット依存はひきこもりを抜け出せない

インターネットを一定期間禁止するいわゆるネト禁というのは、ひきこもりを回復するにおいて重要な役割を果たしています。

ネト禁をすることによって、普段とは違う自分に向き合えることができます。

大量の本を買い、ネト禁できる環境を整えてからネト禁をしてみましょう。

「ネト禁して本を読もう!ネット依存はひきこもりを抜け出せない」の続きを読む…

ブックオフ通いはひきこもり脱出への近道

ブックオフへ行くと無職っぽい人を良く見かけます。

無職で暇を潰しているんだろうな、という人をよく見かけます。

恐らく立ち読みし放題なのでインターネットカフェ状態にしているのだと思うのですが、それは悪いことではありません。

パソコンの前にかじって、暇を潰しているよりもよっぽど健全的な暇つぶし方法です。

何故ならばそれだけ外へ出歩くからです。

ひきこもりをやめたければブックオフへ行け!

自転車なり車なりを動かさなくてはいけないですし、ブックオフにいる間はずっと外です。

ひきこもりの回復として第一歩は、まずはブックオフで試してみるのもいいかもしれません。漫画も読めますし、一石二鳥です。

そうした付加価値を付けたひきこもり回復というのは、非常に大切になってきます。

ここへ行けばこれが手に入る。

そうした付加価値がつけられれば、ひきこもり回復に非常に役に立ちます。

何故ならばこの世にあるものは、全て複合的に存在しているわけであって、どんなことをするにも一つだけの理由では続きません。

複合的な理由が必要なのです。

ひきこもりから脱出する。

漫画を読める。

こうした二つの理由をとっつけることによって、外に行く回数を増やし、ひきこもりを脱出させるための手がかりとすることができるのです。

 

対人恐怖対策には物理的なものと精神的なものがある

対人恐怖症には対策を講じることができます。

例えば、都会や夏だったらサングラスをかけることで視線恐怖症を持っている人はその対策ができます。

そしてコンタクトをつけてみるというのも自分の視線が気になるとうタイプの人は、視線が限定されるのでいいです。

外に出る時、マスクをつけて歩くのは冬ではよく見かける景色ですし、メガネがくもらないマスクというものもよく売られているので、メガネをつけながらマスクをかけることもできます。

冬はニット帽をかぶって人目を避けることもできます。様々な対応策があるのです。

そうした物理的な対策も必要ですが、精神的なケアを行うのも必要です。

「対人恐怖対策には物理的なものと精神的なものがある」の続きを読む…

社会復帰も楽々!?ひきこもりが介護職に向いている理由

ひきこもりは介護職に向いてはいませんが、受け皿としては十分な役割を果たしています。

介護職は会話が必要な職業ですが、利用者はご老体ばかりですので、また認知症などがあればまた別のコミュニケーション方法を取らなくてはいけません。

そのため通常とは違うコミュニケーションとなり、コミュニケーションに遅れが出ているひきこもりにもその遅れを取り戻すことができるかもしれません。

そのため、介護職というのはいいです。

「社会復帰も楽々!?ひきこもりが介護職に向いている理由」の続きを読む…

ひきこもりだからと全てを諦めない!まずは相談相手を見つけよう

ひきこもり自身は、好き好んで、ひきこもっている人はいません。

そして、ひきこもっている事によって、どれほど辛い思いをしているかは、周りの人達はなかなか理解をしてくれません。
理解をしてもらうというのは諦めた方がいいでしょう。

社会から孤立していて、何をしても人よりも劣っているように思ってしまうのは仕方ない事です。

自分でも病気だと思って諦めましょう。

ただ、言えるのは他の人よりも優れている部分は何処かにあるはずです。

そうした部分を必ず見つけられるようにしてみてください。

「ひきこもりだからと全てを諦めない!まずは相談相手を見つけよう」の続きを読む…

ひきこもりの就労支援を行っているサポステとは?

ひきこもりの支援としては地域若者サポートステーションが挙げられます。

地域若者サポートステーションとは、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリア・コンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っている機関です。

略してサポステと呼ばれることも多いです。

「ひきこもりの就労支援を行っているサポステとは?」の続きを読む…

ひきこもりが相談できる場所

ひきこもりは相談できる相手がいないということがよくあります。普通の人は友達など相談できる人を持っています。そして悩みができた時にはその友達などに相談します。しかし相談できる相手が一切いない場合はどうしたらいいのでしょうか?

ひきこもりは相談できる場所として一番、簡単なのが『いのちの電話』でしょう。インターネットで調べてみれば自分の県の『いのちの電話』へとつなぐことができます。そして電話をかけるだけです。電話をかけるのは緊張するかもしれませんが、回線不足でなかなかつながらないことが多いので、安心してかけてみてください。

そして次にできる場所なのが、カウンセリングです。カウンセリングと言うと、『高い』というイメージが先行してしまうようですが、精神科などのカウンセリングは医療費として3割負担でやってくれるところもあります。通常は一回1時間で8000円くらいします。

後はLINEやスカイプなどのコミュニケーションツールを使うのもいいでしょう。そうしたコミュニケーションツールで出会った人と、何気ない会話をすることで気分が解消されることもあります。ただ、この場合、変な人も多く混じっているので、そういう意味では注意をする必要があります。

ひきこもりが社会と関わるメリットを真剣に考える。

社会と関わるメリットはなんでしょうか?

そんなことを真剣に考えた人はなかなかいないのではないでしょうか。

しかし、ひきこもりには一度それをよく考えなくてはいけないと思うのです。

ひきこもりの状態ならば自分の部屋でぬくぬくと生活することができます。

しかしそれではいけないと誰しもが考えていることだと思うのです。

不安ばかりをみるのではなく、まずはメリットから考えてみてください。

「ひきこもりが社会と関わるメリットを真剣に考える。」の続きを読む…

ひきこもりが心の恐怖に打ち勝つためにすることは?

ひきこもりには常に恐怖があります。

外が怖い。人が怖い。社会が怖い。組織が怖い。

そうした感情がなければひきこもりではありません。

全てが怖い。

そんな思いを抱いている人もいます。

そうした感情に打ち勝つにはどうしたらいいでしょうか?

「ひきこもりが心の恐怖に打ち勝つためにすることは?」の続きを読む…

自分のいいところを探して自分を愛する!

日本人は「自分を愛する」という事に違和感を感じる人が多いかと思います。

そんなことをする必要があるものかと冷静に考えてしまう一面もあるでしょう。

そして失敗して怒られても合理的に次はこうしようと思っても、心に響くことはありません。

何故ならば心にまで響かせてしまっては精神がもたないからです。

うつ病は今の何倍にも増えるでしょう。

「自分のいいところを探して自分を愛する!」の続きを読む…