職場に上手く馴染めない!そんな時は休職を上手く利用しよう

ひきこもりから脱却してどうしても仕事に上手く馴染めないという人がいましたら、休職を上手く利用するというのも手です。

仕事に就いた。

そこまではどんなひきこもりでも比較的簡単にできることです。

世の中は仕事を選ばなければ、仕事など幾らでもあります。

しかし、そこから続けていくというのは修羅の道です。

仕事によっては、途中で挫けそうになることもあるでしょう。そんな時に少し休むことも必要です。

「職場に上手く馴染めない!そんな時は休職を上手く利用しよう」の続きを読む…

社会人だからじゃない!ホウレンソウは日本の常識

どの会社でもよく言われるビジネスの基本がホウレンソウです。

これは、『報告』、『連絡』、『相談』という三つの頭文字をとったものです。

これはどの会社でも言われることですので、ひきこもり後にしっかりと頭に叩き込んでおいた方がいいです。

「社会人だからじゃない!ホウレンソウは日本の常識」の続きを読む…

自分から感情を表にだして相手の感情を読み取る

人には感情があります。

「喜び」「楽しさ」「怒り」「悲しみ」「恐れ」「好き」「嫌い」。

これらの感情は深度や濃度があり、複雑に絡み合っています。

また、それを言葉にして言う時も、様々な言葉を使い、様々な行動によって複雑に動いています。

しかし、それを上手く読み取らなければいけません。

相手の言葉の裏にある感情や行動の意味を読み取り、相手が欲していることは何かということを読み取り、相手の狙いや目的を探る必要があります。

何も考えずに人とのコミュニケーションはできません。

ひきこもりは自分のことで精いっぱいなのかもしれませんが、相手のことを考えて理解することも大切なのです。

「自分から感情を表にだして相手の感情を読み取る」の続きを読む…

嫌な奴でも受容することで対人関係は円滑になる

対人関係において重要なのが受容と共感です。

嫌な相手をどれだけ無理なく受け入れることができるかでその人の価値が決まってきます。

ひきこもりは全てを諦めてしまっているように見えますが、対人関係ではこだわりが強く、一見全てを受け入れそうに見えてもそうでないこともよくあります。

そして、対人関係で有効なのが、「このように思っているのですね」「そうなのですね」と感情を返す共感です。

相手の気持ちを理解して、それを口にすることで相手の心をより一層深めることができます。

「嫌な奴でも受容することで対人関係は円滑になる」の続きを読む…

しんどい思いまでして社会人にならなければいけないの?

社会生活はしんどいです。

社会生活が上手くできたからと言って、バラ色の人生があるわけではありません。

しんどい生活がずっと続くだけということもあります。

そんなしんどい社会生活でも、人は意義を見つけてなんとか乗り越えていこうとしているのです。

ひきこもりから脱却した後は、そのしんどい社会生活にどんな意義があるのかということをしっかりと把握しておく必要があります。

しんどい社会生活にどんな意義があるのかしっかりと考える必要があります。

「しんどい思いまでして社会人にならなければいけないの?」の続きを読む…

再発防止の武器を手に入れてひきこもりに逆戻りしない!

ひきこもりは再発します。これは確かなことです。

いきなり外の世界と関わろうとしても、どうにも上手くいきません。

そもそもそんな簡単に万事解決するならば、ひきこもりという存在自体ないはずです。

根深い問題を抱えているからこそ、ひきこもりは現代の社会問題として存在しているのです。

外に出る。

そんな当たり前の行為がなかなか上手くいかないのがひきこもりであり、社交不安障害の特徴です。

当然、そのレベルのことができないのですから、働いたって何をしたって上手くいきません。

やってもやってもひきこもりが再発する人もいるくらいです。

ひきこもりは不治の病となっているのです。

「再発防止の武器を手に入れてひきこもりに逆戻りしない!」の続きを読む…

社会生活の中で自分を変えるには会社選びが重要!

社会生活の中で自分を変えるには、はっきり言って運次第です。

もぐりこむその社会にどんな人がいるかわからないからです。

社会とは人と人との集合体であり、変わるきっかけはどんな人に出会うかで変わってくるからです。

そのため、「君は外に出れば直ぐに変われる」なんて無責任なことを言うことはできません。

運が大きくかかわってきます。宝くじのようなものです。

「社会生活の中で自分を変えるには会社選びが重要!」の続きを読む…

失敗したことが問題ではなく失敗した後の対応が大切

外に出るようになって社会に出るようになると必ず多かれ少なかれ失敗をします。

失敗をしない人などいません。

何故ならばひきこもりをしていたということはそれだけハンデを背負っているからです。

ハンデを背負って社会に出れば、失敗するのは当たり前です。

問題は失敗するかしないかという問題ではなく、失敗した後にどうするかということです。

「失敗したことが問題ではなく失敗した後の対応が大切」の続きを読む…

仕事だけに集中すると力尽きる!私生活も充実させよう!

ひきこもりの特徴として二つ同時に同じことができないというものがあります。

できることにはできるのですが、ごっちゃになって訳がわからなくなってしまうのです。

そのため仕事をするならば、仕事を死ぬ気でやって、その後燃え尽き症候群で何もできない感じになってしまいます。

そうしたことに立ち向かうにはどうしたらいいでしょうか?

「仕事だけに集中すると力尽きる!私生活も充実させよう!」の続きを読む…

ひきこもって身体が衰弱!肉体トレーニングして体力をつけよう!

ひきこもり時には筋力が衰えています。

そのため、仕事をしても体力が続かないという人が多いです。

そうした人におすすめなのが、仕事をしながらも肉体トレーニングです。

仕事をして疲れているのに、肉体トレーニングをする余裕がないという人もいるでしょうが、それでも体力はトレーニングしていかなければついていきません。

「ひきこもって身体が衰弱!肉体トレーニングして体力をつけよう!」の続きを読む…

ひきこもりは脳が鈍足!脳トレーニングで柔軟な思考を手に入れよう!

ひきこもりになると脳が鈍足になります。

そして仕事がスローペースとなり、仕事ができないという事態に陥り、最後には辞めていってしまいます。

これはある程度仕方がないことです。

脳の問題は気力ではどうにもなりません。

仕事が遅いのはどうにもならないことです。

そしてそれをひきこもり前に解決することもなかなか難しい問題です。

何故ならば、ひきこもっているとそれだけで脳が鈍足になっていくからです。

「ひきこもりは脳が鈍足!脳トレーニングで柔軟な思考を手に入れよう!」の続きを読む…

ひきこもりから脱出した後のメンタルトレーニングの必要性

ひきこもりから脱出した後はメンタルトレーニングが必要になります。

仕事や学校に行く上で、メンタルを自分自身でトレーニングしていかなくてはいけません。

何故ならばひきこもりの時点で既にメンタルが崩壊している人がトレーニングをしなくて、そのままやっていけるはずがないからです。

メンタルトレーニングは難しいことです。

何故ならばメンタルというのは自分自身の精神のことであり、それをトレーニングするというのは、並大抵の経験が必要となるからです

「ひきこもりから脱出した後のメンタルトレーニングの必要性」の続きを読む…

些細なミスを気にして仕事を辞めないためにはどうすればいい?

私がひきこもりから脱出した後に非常に気になったのは、些細なミスです。

例えばある店で働いていた時、自分の靴がなくなって、他の人の靴を拝借してしまったことがありました。

それがバレて気まずくなってその職場はやめました。

例えばタイムカードを職場の外にかけておかなければいけないのですが、それを忘れて職場の中にかけてしまったことがありました。

それでごちゃごちゃするのが嫌でその職場は辞めてしまいました。

「些細なミスを気にして仕事を辞めないためにはどうすればいい?」の続きを読む…

人の悪口を言うことが人間関係を良好にするってホント?

ひきこもりの特徴として悪口を言えないというのがあります。

そして、人間の会話と言うものは悪口が必要となってきます。

人をスケープゴートにすることで、その集団らしい個性のある集団として伸びていくのです。

しかし、その悪口を上手く言えないがばかりに集団に馴染めないということはひきこもり系体質の人によくあることです。

「人の悪口を言うことが人間関係を良好にするってホント?」の続きを読む…

スルー力と解決力を身につけてストレスを貯めない!

ひきこもりを脱出して仕事を始めたとしましょう。

そうした際に必要なのが、スルー力と解決力の使い分けです。

ひきこもりは全てを真面目に受け取ってしまい、その結果、我慢の限界が来て駄目になってまたひきこもりに戻ってしまうというパターンを繰り返している人が多いです。

そのため、ひきこもり脱却の状態を長く保つ秘訣として、嫌なことをスルーして、そしてスルーできない部分だけを的確に解決する力が必要となってきます。

「スルー力と解決力を身につけてストレスを貯めない!」の続きを読む…