ひきこもりは病気の原因!ひきこもりと併発する病気

ひきこもりは様々な病気を併発させます。

まずは、うつ病です。

ひきこもりになるとほぼ100パーセントの確率でうつ病になります。

ならない人というのはいません。

そして、その他精神疾患や、体力低下による膝や腰の痛みなどが挙げられます。

「ひきこもりは病気の原因!ひきこもりと併発する病気」の続きを読む…

眠気のない生活は社会人生活の崩壊につながる

ひきこもっていると睡眠バランスが崩れます。

そのため、社会復帰をして一番に気を使うのが、睡眠バランスの調整です。

特に仕事でストレスがたまっているとなると眠気のない生活となることが多いです。

眠気のない生活となると、これからどうしていいのかまったくわからなくなります。

眠りにつけないのですから、疲労もどうにかすることができません。

また、夜、自分が音を立てないようにしておこうとじっとしていると余計にストレスがたまってきます。

「眠気のない生活は社会人生活の崩壊につながる」の続きを読む…

無関心な態度は人を不愉快にさせて誤解される

ひきこもりは他人に関して無関心です。

正確に言えば、自分のことで精一杯で無関心になってしまうのです。

ただ、こうした無関心は他人から誤解されます。

挨拶に気づかなかくて、『挨拶を無視した』と憤慨されるようなケースは私も体験してきました。

無関心は態度に出さない方が無難に生活できるでしょう。

「無関心な態度は人を不愉快にさせて誤解される」の続きを読む…

【メモ帳必須】ひきこもりの記憶力はお年寄り以下?

ひきこもりをずっと続けていると、記憶力が低下してきます。

何故ならば、記憶を使う場面がないからです。

記憶を使う場面がない内に、記憶力がどんどんと下がっていってしまいます。

そうしたひきこもりの性質をうまくカバーしてくれるのがメモ帳です。

メモ帳一つあるだけでだいぶ違います。

なんでもメモ帳に記録を付けるくせをつけましょう。

そうしたメモ帳の効果によって、記憶力の低下をカバーすることができます。

「【メモ帳必須】ひきこもりの記憶力はお年寄り以下?」の続きを読む…

努力の方向性を見失うと結局すべてがダメになる

ひきこもりタイプの人にとって一番必要なのが、努力の方向性です。

つまりはどうやって努力をするか、どういう向きで努力をするかということです。

そうした努力のマネジメントがひきこもりには必要になります。

あれも努力してこれも努力してだと体が持ちません。

精神は絶対に持つはずがありません。

きちんとマネジメントする必要があります。

「努力の方向性を見失うと結局すべてがダメになる」の続きを読む…

【成年の夏休み】仕事に疲れたら有給を使ってでも休む

昔の教員には生徒に合わせて夏休みがありました。ご存知でしたか?

仕事をするには休日が必要です。

有給休暇をフルに使って夏休みを作りましょう。

全てを費やせば、夏休みくらいできます。

そうした休暇によって、人は人生をエンジョイすることができます。

休みを使って、仕事の疲れを全て休んでやり過ごすという方法で、自分なりの形で、働いていきましょう。

そうすれば、いつか報われるはずです。

成年になったって夏休みがあってもいいはずです。

そうした休みは、どんなリフレッシュ手段よりも有効的なものです。

「【成年の夏休み】仕事に疲れたら有給を使ってでも休む」の続きを読む…

ひきこもりを止めるために始めるべき趣味

ひきこもりの趣味は、ひきこもり状態が激しいようであれば外で行うアクティブなものである方がいいでしょう。

旅行や映画鑑賞、ドライブやスポーツ、美術館めぐり、カフェめぐり、ショッピングなど外へ出て、何かをやるようなものを探してみるのもいいかもしれません。

美術関係などは、ひきこもり的な感性を持ち合わせているので、なかなか適合したものがあります。

彫刻や絵画など、私もよく見るのですが、そうした芸術品は見ているだけで素晴らしいものもあれば、どうでもいいと思うようなものもあります。

だからこそ、本当に素晴らしいものを見つけた時に、心高ぶるものがあるのです。

「ひきこもりを止めるために始めるべき趣味」の続きを読む…

受動的では未来はない!希望は掴みにいくもの

ひきこもりになるとどうしても受動的な性格になります。

そのため、希望は落ちているもので、そうした環境に飛び込まなくてはいけないと思いがちです。

ただ、そんなことは決してありませんし、そんなものも決してありません。

世の中、向こうから希望がやってくることはないのです。

だから、自分で掴みとりにいかなくてはいけません。そうした行動的な性格になることが大切なのです。

「受動的では未来はない!希望は掴みにいくもの」の続きを読む…

無理して精神崩壊・・・全てが嫌になったら休む!

社会生活をしていてると、どうしても全てが嫌になる時があります。

全てが嫌になって、全てを放り出したいと思う時が絶対に出てくるはずです。

そうした時はどうすればいいでしょうか?

私はとにかく休むということをしています。

休んで休んで、どうにかなるまで待つのです。

「無理して精神崩壊・・・全てが嫌になったら休む!」の続きを読む…

人間関係は駆け引き!優しすぎは無能と同じ

ひきこもりの中には優しすぎる人がいます。

私もそうなのですが、嫌な人の戯言に付き合ってしまったり、嫌なのに嫌われるのが面倒でそのまま事態を悪化されてしまったり、優しさで付き合っていればいつか報われると思い込んでしまったり、そうした優しさは無能と一緒です。

何も意味がありません。

そうした無能な一面と、有能な一面を上手く使分けることが大切となります。

人間関係とは駆け引きです。

それができない人に生きていける力を成長させることはできません。

「人間関係は駆け引き!優しすぎは無能と同じ」の続きを読む…

力で相手を抑制するコミュニケーションは嫌われる?

人は多かれ少なかれ、力によって相手の動きをコントロールしています。

力によって相手を抑制しながら自分を守っていくとうスタイルを取っています。

ただ、そうしたスタイルによったコミュニケーションをひきこもりタイプの人は行えません。

そうしたコミュニケーションを行ってしまっては、相手に嫌われてしまうのではないかなど、色々なことを考えてしまうからです。

「力で相手を抑制するコミュニケーションは嫌われる?」の続きを読む…

ひきこもりをやめたければ問題の芽を早く見つけろ!

ひきこもり脱出として最も厄介なのが、トラブルです。

ひきこもりはずっと家の中でトラブルのない生活を送っていたのです。

葛藤や苦しみなどがあっても、家の中ではトラブルやハプニングといったものに該当することは滅多にありません。

それをいきなりトラブルばかりの世界に放り出すのですから、その対応力のなさは半端なものではありません。

あたふたとするのは一目瞭然です。

「ひきこもりをやめたければ問題の芽を早く見つけろ!」の続きを読む…

ひきこもりに逆戻りしない!正社員になったあとの自分の保ち方

ひきこもりから脱出して紆余曲折がありながらも成功して正社員になったら、その後はどうやって正社員でいる自分を維持していけばいいのでしょうか?

まずはメンタルを保持する方法を考えることです。

正社員で働くとなると普通の人でもメンタルを壊す人がいるくらいです。

それを乗り越えて正社員として上に上り詰めたとき、その人はそれだけの進歩をしたということになります。

「ひきこもりに逆戻りしない!正社員になったあとの自分の保ち方」の続きを読む…

ひきこもりは覚えるのが苦手!仕事を覚えるためのコツとは

ひきこもりに多いのが、『仕事を覚えられない』ということです。

ひきこもりは基本的に発育障害系の性格をしていますので、一つのことに集中して物事を行うことはできるのですが、多数のことを行う今の仕事スタイルに適合するのは並大抵のことではありません。

色んなことを要求されて支離滅裂な感じになってしまいます。

そうして『仕事を覚えられなく』なるのです。

仕事とは沢山の作業があります。

それを並列して行わなければいけません。

そしてその苦労と苦痛に比べて給料が低いというのも不満の種でしょう。

「ひきこもりは覚えるのが苦手!仕事を覚えるためのコツとは」の続きを読む…

仕事をすぐ辞めちゃう!?辞めないための3つのコツとは

ひきこもりは人間関係にシビアな感情を抱いています。

そのため、仕事においてもどんな言葉もシビアに受け取りがちです。

中には統合失調症によく見られる、『雑音が自分の悪口に聞こえる』ということで、自分が全ての人に嫌われていると思い込んで、それで仕事を辞めてしまう人もいます。

中には人間関係のトラブルから、ストレスを抱え込んでそれで仕事を辞めてしまう人もいます。

人それぞれの理由はありますが、ひきこもり経験者のほとんどが『仕事を直ぐに辞めてしまう』という問題点を持っています。

それは人間関係にシビアな感情を抱いているからなのです。

「仕事をすぐ辞めちゃう!?辞めないための3つのコツとは」の続きを読む…