【成年の夏休み】仕事に疲れたら有給を使ってでも休む

昔の教員には生徒に合わせて夏休みがありました。ご存知でしたか?

仕事をするには休日が必要です。

有給休暇をフルに使って夏休みを作りましょう。

全てを費やせば、夏休みくらいできます。

そうした休暇によって、人は人生をエンジョイすることができます。

休みを使って、仕事の疲れを全て休んでやり過ごすという方法で、自分なりの形で、働いていきましょう。

そうすれば、いつか報われるはずです。

成年になったって夏休みがあってもいいはずです。

そうした休みは、どんなリフレッシュ手段よりも有効的なものです。

休みすぎるとかえってモチベーションが上がらない

ただし、休み過ぎると仕事のモチベーションが保てないという人もいるでしょう。

そうした場合は、小まめに仕事の休みを消化するか、一気に使うかして、仕事の調整をしていきましょう。

何度誓っても何度祈っても仕事のモチベーションというものは、ひきこもりにとって、なくなる時はなくなってしまいます。

それをどうにかするための工夫というのは、ひきこもりを脱出した後も保ち続けていないといけません。

何故ならば、そうしていないと仕事ができないからです。

一度ひきこもってしまうと、永遠に夏休みが続くような感覚になってしまい、なかなか仕事のモチベーションが保てません。

そこを工夫していきましょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ