職場に上手く馴染めない!そんな時は休職を上手く利用しよう

ひきこもりから脱却してどうしても仕事に上手く馴染めないという人がいましたら、休職を上手く利用するというのも手です。

仕事に就いた。

そこまではどんなひきこもりでも比較的簡単にできることです。

世の中は仕事を選ばなければ、仕事など幾らでもあります。

しかし、そこから続けていくというのは修羅の道です。

仕事によっては、途中で挫けそうになることもあるでしょう。そんな時に少し休むことも必要です。

仕事を続けるために休職で気持ちをリセット

有給休暇の制度をとれば、給料が出ている状態で休むことができます。

日本の企業は有給休暇をとらせない雰囲気になっていると言われていますが、それでもとれることはとれます。

無理して、そして仕事を辞めるよりもずっと効率のいい手段です。

そして、給料が出なくとも、有給を使い切ったとしても、休職届けを出してしばらく休むということもできます。

この場合は、仕事復帰の後に「会社を辞めてくれ」と言われる可能性もありますが、それで自分から辞めるよりも上手く休職を使って、仕事を続けていく方が大切です。

自分のライフスタイルにあった仕事の仕方を『続けていく』ということが大切になります。

そのためにも、休職制度は利用する手もあるということを頭に入れておくべきでしょう。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ