ひきこもりは覚えるのが苦手!仕事を覚えるためのコツとは

ひきこもりに多いのが、『仕事を覚えられない』ということです。

ひきこもりは基本的に発育障害系の性格をしていますので、一つのことに集中して物事を行うことはできるのですが、多数のことを行う今の仕事スタイルに適合するのは並大抵のことではありません。

色んなことを要求されて支離滅裂な感じになってしまいます。

そうして『仕事を覚えられなく』なるのです。

仕事とは沢山の作業があります。

それを並列して行わなければいけません。

そしてその苦労と苦痛に比べて給料が低いというのも不満の種でしょう。

ひきこもりが仕事を覚えるためのコツ

仕事を覚えるコツとしては、メモにとって紙に書いてそしてその紙を家で何度も読み返すということです。

メモと学習と言うのは極めて効果的です。

私も新人の頃はひたすらメモ書きで、そして家に帰ってメモを読み返すという日々でした。

仕事を覚えるというのは初めは大変です。

しかし慣れてしまえば仕事を覚えっていまっている体でどうにか仕事をこなすことができます。

覚えることも重要ですが、体にしみこませることも大切なのです。

仕事を覚えるには、『紙に書く』、『仕事を目で盗む』、『仕事の手順を教えてもらう信頼関係を作る』など人それぞれの方法があります。

是非、自分なりの方法を試してしてみてください。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ