ひきこもりでもコミュ力上手!人に嫌われないための会話テク

ひきこもりが社会に出た後に有効な会話テクは、挨拶を元気にするということです。

「おはようごさいます」「こんにちは」「お疲れ様です」。

こんな単純な言葉で人は、不機嫌になったり上機嫌になったりします。

挨拶は社会人としての基本です。

ひきこもりにとっても短いワードで相手の機嫌を良くすることができるため、非常にいいテクとなっています。

最大の会話テクは積極的に話しかけること

また、会話を広げるメンタルの余裕があったならば、「これについてどう思いますか?」などの幾つもの返答が期待できる開かれた質問をして積極的に話しかけていきましょう。

最大の会話テクは最初の会話で話しかけることです。

そして、そうしたメンタルの余裕がないのならば、受動的になっても仕方ありません。

しかしそうした中でも相手への気遣いを忘れないようにしてください。

荒んでいる相手にこそ、何気ない気遣いというものは相手の好感度に大きく影響します。

そうしたメンタルをエネルギーにして会話テクをじゃんじゃんと磨いていきましょう。

やはり実践に勝るものはありません。

実践以上の会話テク上達方法はありません。

ただ、努力の方法を間違えないようにするというのも会話テクの一つです。

相手によっては会話をするだけで、会話テクが落ちていくような相手もいます。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ