ひきこもりは病気の原因!ひきこもりと併発する病気

ひきこもりは様々な病気を併発させます。

まずは、うつ病です。

ひきこもりになるとほぼ100パーセントの確率でうつ病になります。

ならない人というのはいません。

そして、その他精神疾患や、体力低下による膝や腰の痛みなどが挙げられます。

精神疾患はいわずもがな長い間誰ともしゃべらずひきこもっていれば絶対に精神疾患を引き起こします。

そして、痛みの方は体力が低下してきたせいや、姿勢の問題で併発することが多いようです。

ひきこもりでもリスク管理と体調管理は必要

健康な人でも病気はします。

そしてひきこもりのような不健康な生活をしていたならばもっと病気にはなりやすくなります。

それもきちんとわかった上で、リスク管理を行い、自分の体には気を付けて生活をしていきましょう。

ただ、ひきこもりになる前に、何らかの病気に併発しているということも多く考えられるので、そうした病気に関する知識はきちんと身に着け、病気に関してはひきこもりだけの状態にしておきましょう。

そうすればひきこもりを脱出しやすくなります。

人は幾つもの疾患を抱えていると、落ち込みやすく、失敗もしやすくなります。

一つで済めるのならば、一つで済んだ方がいいです。

そうしたリスクマネジメントもひきこもりには、大切なのです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ