ひきこもりから脱却しても直ぐにひきこもりになる人

ひきこもりから脱却しても直ぐにひきこもりになる人というのは、単純に言うと自分の適性を確かめられない人のことです。

ひきこもりから脱却して仕事に就きました。

そして、直ぐに辞めました。これは何が原因なのでしょうか?

それは、適性した職場ではなかったからです。

適正を知ってひきこもりに戻らない

ひきこもりになる人にとって適性な業種というものというものもあるでしょう。

接客系ではなく、事務系の仕事に就くなどです。

それを考えて上での職場不適合者と、考えていない上でも職場不適合者では大きく意味が異なります。

業種の設定を間違えている人は、永遠にひきこもりから脱却ができません。

無理なものをやっているからです。

逆に直ぐにひきこもりでなくなる人は、業種設定が間違えていないことが多いです。

自分に適切でありひきこもりに適切である業種を選び長く続く人は、やはりその業種設定が正解だったということです。

逆にひきこもりから脱却しても直ぐにひきこもりになる人は鞘腫自体を間違えていることが多いです。

自分に合う業種はどれかわからないわけですね。

ひきこもりから脱却しても直ぐにひきこもりになる人というのはそういう人が多いわけです。

逆にひきこもりから脱却してもそのまま直ぐに続けていられる人というのは、適切な業種を選んでいる人が多いです。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ