ひきこもりの自虐ネタ漫画「空の下屋根の中」

この漫画はひきこもりをテーマにしたものですが、ほのぼのとしています。

高校卒業後にまともな就職も進学もしなかった女の子がニートになった上で、まともに生きようと努力する4コマ漫画となっています。

テーマとしてはギャグ漫画になるのですが、ひきこもり特有の生きにくさを取り入れており、思わず元気になるような内容になっています。

ひきこもりによる自虐ネタであり、最後には救われる内容となっているので、何も考えずにほっこりとした気分で読むことができます。

ひきこもりのあるあるネタが面白い!

同じ属性の人が身内ネタをすると面白いという鉄則があります。

テレビのバラエティー番組で身内ネタが多いのは、やっている本人が面白いと感じているので、周りの視聴者もなんとなく面白いと感じることができるという原理なわけです。

漫画で同じ原理で成功しているのは『げんしけん』という有名なオタク漫画でしょうか。

大学にあるオタク同好会の様子をリアルに描きだしていて、オタクファン層からかなり厚い支持を受けています。

それと同じく、『空の下屋根の中』もひきこもりにとってかなり楽しい内容になっており、心が荒んだ時にリフレッシュとして読んでみるのもいいでしょう。

ひきこもりで心が荒れた人におすすめできるハートフルコメディー漫画です。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ