ニート版ドラえもん漫画「ラブやん」とは?

ニート版ドラえもん。

それがこの漫画の全てです。

30歳の童貞ひきこもりロリコンニートの元に、愛の天使ラブやんがやってきてニートらしい日常生活を送るという内容になっています。

話の内容はドラえもんごとくワンパターンな『ニートの欲望があるんだけど助けて』という感じになっており、正直普通の人が読んで面白いんだろうかと疑問に残るような作品となっております。

しかしこの作品、よくもこんな設定でドラえもんごとくワンパターンな話で続けられたなと驚愕する思いを持つほどの長期連載を誇っています。

現在の巻数は19巻。

それでもまだまだ続くという脅威の記録を誇っています。

ひきこもって気分が落ちた時に読む漫画

ひきこもりが初心に帰りたい時。

ひきこもりが孤独を感じた時。

ちょっとリフレッシュ気分で読んでみるのもいいでしょう。

ドラえもんを読んだ子供のように安定した楽しさを得ることができます。

ただ、この漫画が完全にコメディーなので、深い深層心理を得たいひきこもりの方には抵抗があるかもしれません。

そして人によって合う合わないが大きいです。

それなのにいつまでも長期連載を続けているという謎の作品となっています。

基本的に頭をからっぽにして見る漫画ですのでまずは一巻だけ買ってみて、合うならば買い続けるという感じでいくといいと思います。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ