出会いを通じてひきこもりから成長していく漫画「ローゼンメイデン」

これもひきこもりアニメとしては傑作とされています。

主人公はひきこもりの中学生、桜田ジュン。いわゆる不登校児というものです。

鬱屈したジャンは、インターネット通販で買った商品を期限ギリギリでクーリングオフするという悪質な悪戯にはまっていました。

そして、ダイレクトメールを受け取り、アンティークドールが収まっており、様々なドール達やその関係者達との出会いを通じて、その心を成長させていくことになるという話です。

漫画の主人公はほとんど無職でニート

そこにロリータゴシックの色合いを持ちながらも、ひきこもりらしい陰湿な性格の主人公の心理描写が描かれています。

ただ、このアニメはどちらかというと絵を楽しむもので、そこまでひきこもり色は出ていませんね。

ワンピースのルフィーは海賊、ドラゴンボールの悟空は無職、ブリーチの主人公はなかなか学校へ行っている様子もないという感じで、アクション漫画のほとんどはニートですし、そこに陰湿な要素を取り込んだという感じになっております。

ひきこもりの弱弱しい心理描写はよく描かれており、成人したひきこもりではなく、中学生らしいひきこもりの弱さを全面的に押し出したようなストーリー展開になっています。是非、ご覧になってください。

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ